美容系の資格にはどんなものがあるのか

美容師や理容師といった国家資格以外での美容系の資格としては、まず「日本化粧品検定」が挙げられます。この検定は、化粧品に関する基礎知識から化粧品に含まれている成分についての科学的知識といった高いレベルまで対応したものになります。

ですので化粧品を扱うことの多い美容業界の職場で活かすことができますし、比較的知名度の高い資格だと言えるでしょう。次に挙げられるのは、「美容薬学検定」と呼ばれるものであり、こちらは健康や美容についての基本的なことや化粧品、サプリ等の成分に関する知識を学ぶことができます。

そのため化粧品を扱う分野はもちろんですが、エステティシャンや美容師といった美容系の職業にも役に立つ資格だと言えるでしょう。

さらに挙げられるのは、「認定エステティシャン」というもので、試験に合格することによって日本エステティック協会の認定を受けることができます。この資格はエステの国際資格にも含まれているため、就職や転職にも有利な資格だと言えます。